SEO対策に効果ある?URL・ドメインの決め方

この記事は約4分で読めます。

URL・ドメインの決め方
HPやブログを制作する時に、必ず設定をするURLやドメインはどう決めれば良いのか?
また、SEOに効果があるのか?
URLとドメインの違いはなに?
と言った疑問に対して解説していきます。

適切なURLを設定するとSEOに効果はあるのか?

まず、結論からお伝えすると効果はあると考えています。
GoogleのSearch Consoleヘルプ「一般的なガイドライン」に

サイトのURL構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合はIDではなく意味のある単語を使用して)URLを構成できるよう、コンテンツを分類します。
Search Consoleヘルプ「一般的なガイドライン」-シンプルなURL構造を維持する

と記載があります。
この事から適当な羅列のURL、ドメインを設定するより、シンプルで理解が出来るわかりやすいURL、ドメインを設定することを推奨します。

そもそもURL、ドメインとは?

URLやドメインの名称や意味合いについて、解説します。

URL

URL

URLとは一言でいうと「ネット上の情報」であり、ページやファイルなどの情報を示すものです。
「Uniform Resource Locator」の略になります。
このページを例とするならば、httpsから/url/まで全てを指します。

プロコトル名

HTTPS (Hypertext Transfer Protocol Secure)は、HTTPによる通信をより安全に(セキュアに)行うためのプロトコルおよびURIスキームである。
Wikipedia – HTTPS

httpとhttpsの2種類があり、現在は「s」がついているSSL対応を推奨しています。

ドメイン名

ホームページのメインの部分になります。ドメインがなければ、ホームページやブログの公開はできません。
ドメインはよく会社名や店舗名、ページ名を設定することが多く、Googleのガイドラインからもわかるように、わかりやすくシンプルなドメイン名を設定することがよさそうです。
例)
○ https://web-responsible.com/
ページ名
× https://jpsjsjaskgapj.com/
適当な羅列

ディレクトリ

ディレクトリとはドメインのあとに続く、サーバー上のフォルダの事です。
ワードプレスを例にするとカテゴリーを設定するディレクトリが設定されるようになっております。
カテゴリーを設定するときも記事に対して該当するカテゴリーに分けるか、新しく作る事によって、わかりやすいURLになります。

ファイル名

ファイル名はURLの最後に位置し、この記事のURLだと「/url」に位置します。
本来は「/url」の後に「index.html」「.php」等が入るのですが、省略してもページは表示されるようになっています。

また、ブログ投稿またはページを制作する際、パーマリンクの設定しますが、このファイル名の所が反映されます。

ドメインの決め方

では、どのようなドメイン、もしくはファイル名(パーマリンク)が良いのでしょうか。

ドメイン

ドメインに関しては

  • 会社名
  • 屋号名
  • ホームページ名
  • 著者名

が良いと考えています。
理由としてはブログやページを増やしても全ての記事に関係するのが会社名や屋号名、ページ名や著者名になるからです。
こちらのページに関してもページ名が「とある会社のWEB担当」になるため、それを英語訳した「web-responsible」にしています。

ファイル名(パーマリンク)

ファイル名(パーマリンク)はその記事の内容を設定するのが良いでしょう。
この記事の内容は「urlやドメイン」についての記事になるため、「url」とつけています。

ただ、どうしても何をつければいいかわからないと悩むときもあります。その際は検索されて出てきて欲しいキーワードで実際に調べ、競合で使われているファイル名(パーマリンク)を参考にさせていただくのもひとつの手段としておすすめです。

まとめ

ドメインやファイル名(パーマリンク)に関して、適当な羅列、日付、設定せずに自動的に入るファイル名を使うより、URLを見ただけでどのようなページなのかわかるため、ページを見てくれるユーザー側にも親切ですし、Google側にも親切です。
わかりやすく、かつシンプルなドメイン、ファイル名(パーマリンク)を設定して今よりも上位にあげていきましょう。